img-1

誹謗中傷がネットで起こって耐えられない

ネット社会になった今、顔も名前もわからない人からの誹謗中傷が増えています。



反論すると、そこから炎上したりと芸能人でもよくニュースで取り扱われています。



感情的に自分の意見をネットに上げるよりも、どうすればいいかということを考えてみましょう。


また、ネットを通して間接的に意見を言えることもあり、相手が誹謗中傷しているという意識が低いこともあります。


個人を特定できる情報を載せて悪口を書いたなど、様々な問題があります。まずは、誹謗中傷が法律に触れていないか調べてみましょう。
自分が誹謗中傷を受けた場合は、管理者に削除依頼をしましょう。
傷ついているのに我慢する必要はありません。



コメントの非表示やブロックすることができたりと、対処法は色々あることを知りましょう。

わからない時はサイトや管理者に問い合わせます。



また、サイバー犯罪相談窓口というものがあります。


近くの警察署へ相談、または電話をしましょう。個人を特定されるような情報や写真がアップされた場合は、早急に相談して対処することが大切です。
ネット内で起こったこととは言え、自分で抱え込むよりも第三者に助言を求めることで自分も冷静になれます。



名誉棄損や侮辱等でも、訴えることができるのです。自分では無理な場合は他の人に頼みましょう。



法務局では削除要請の方法、アドバイスなども行っています。
まずは、思い切って友人に相談してみるのも良いです。
傷ついて心が弱くなることが一番の問題点なのです。

関連リンク

img-2

ネットの誹謗中傷対策について

ある日見に覚えもない誹謗中傷をネットに書かれてしまったら、どういった対策をとることがいいのでしょうか。以前であれば2chのような掲示板に書かれることが多かったのですが、最近ではツイッターなどのSNSに投稿するケースもあり、SNSの場合は拡散しやすいという特徴もあって一気に根も葉もない情報が広まってしまうということもあります。...

more
img-3

誹謗中傷をされたら、すぐに相談した方が良い

誹謗中傷の被害に遭っている人は、たくさんいます。最近の中傷の仕方は、より悪質になってきているので、注意する必要があります。...

more