img-1

誹謗中傷が心配であれば正しい対策を

ネットが社会インフラとして発達した現代では、思いもよらないことから誹謗中傷を受ける事もあるでしょう。
本来、インターネット上での中傷は被害者の反応を見て楽しむもので、一番良い対処法は完全に無視する事です。しかし各種SNSが一般に浸透した今では、悪意のある攻撃だけではなく、自分の正義をもって相手を懲らしめてやりたいという正義感から来ている理不尽な誹謗中傷も多々ある上、個人情報の取り扱いも関わってくる為に対処は一概に無視すれば良いとも言い切れないのが現状です。
もしも自分の情報を不特定多数に流されて、名誉毀損にあたると判断される場合には、管理者に内容の削除を求める事が出来ます。



削除要請を出すには侵害情報の通知書を提出する必要がありますが、法的な部分はわかり辛いと思うのでプロの業者さんに相談してサービスを受ける方が確実でしょう。
また、警察にもサイバー犯罪の相談窓口があります。



こちらでも名誉毀損に対する対応を相談できますが、民事には不介入の原則がある為に名誉毀損で告訴まで考えている場合にならないと即時対応とはいかないようです。



誹謗中傷を受ける事は、誰でもショックなものです。



思わず感情的な行動に出てしまいがちですが、事態を悪化させる事が多々あります。


攻撃をしている方は正当性の有無にかかわらず、相手を裁きたいという気持ちで噛み付いています。



そこにどんなに熱く法律を語っても納得はしないでしょう。

まずは冷静になって対処を考える事が大切です。

その際に、自分にも落ち度があるのではないか、何がいけなかったのか等は全く考えない事が重要です。事実無根の誤解でも、人は怒り狂って理不尽に攻撃を仕掛けてくるものなのです。



関連リンク

img-2

誹謗中傷をされたら、すぐに相談した方が良い

誹謗中傷の被害に遭っている人は、たくさんいます。最近の中傷の仕方は、より悪質になってきているので、注意する必要があります。...

more
img-3

ネットの誹謗中傷対策について

ある日見に覚えもない誹謗中傷をネットに書かれてしまったら、どういった対策をとることがいいのでしょうか。以前であれば2chのような掲示板に書かれることが多かったのですが、最近ではツイッターなどのSNSに投稿するケースもあり、SNSの場合は拡散しやすいという特徴もあって一気に根も葉もない情報が広まってしまうということもあります。...

more