img-1

ネットの誹謗中傷対策について

ある日見に覚えもない誹謗中傷をネットに書かれてしまったら、どういった対策をとることがいいのでしょうか。
以前であれば2chのような掲示板に書かれることが多かったのですが、最近ではツイッターなどのSNSに投稿するケースもあり、SNSの場合は拡散しやすいという特徴もあって一気に根も葉もない情報が広まってしまうということもあります。



日常的にインターネットを利用しているのであれば、やはり「人ごと」では済まされませんので基本的な対応策くらいは知っておくことも大切です。

まず普段の生活にも実害が被るような悪質なケースでは、警察に相談するのがまずするべきことです。

名誉毀損によって民事はもちろんですが、刑事でも実刑になった判例もありますので、誹謗中傷とはいっても立派な犯罪であるため、しかるべき対応はするべきです。

しかし、誹謗中傷は悪質なものばかりではありません。



掲示板では特に、匿名性をいいことに、面白半分で書き込むケースもありますし、ブログに書いているケースもあるかもしれません。



こうした場合の対策としては、まずは掲示板を運営している管理会社に連絡して削除依頼をすることが大切です。



ただし、管理会社によっては削除を受け入れてもらえないケースもあります。



そのため、誹謗中傷をしている人にコメントをしたりとリアクションをとってしまうことで、さらに悪くなってしまうこともありますので、こうした場合には、書き込みを無視するという方法も時には必要です。


掲示板の情報には信憑性のないものもありますので、すべてを信じる人は非常に少ないため相手にしないという方法もあります。



関連リンク

img-2

誹謗中傷をされたら、すぐに相談した方が良い

誹謗中傷の被害に遭っている人は、たくさんいます。最近の中傷の仕方は、より悪質になってきているので、注意する必要があります。...

more
img-3

誹謗中傷がネットで起こって耐えられない

ネット社会になった今、顔も名前もわからない人からの誹謗中傷が増えています。反論すると、そこから炎上したりと芸能人でもよくニュースで取り扱われています。...

more